効果的な野菜の摂取方法

副作用はないの?

健康食品である青汁には副作用というものは存在しません。

そもそも副作用というのは、医薬品を摂取したときに症状改善以外に起こる作用のことを指しているため、
食品の部類に入る青汁には副作用という言葉は使いません。

そのため、青汁を飲むことで何か重篤な症状が出てしまうという心配は少ないと思われますが、
身体の状態や摂取方法によっては身体に何らかの作用が起こることも考えられます。
では、どういったことが考えられるのでしょうか。

まず、健康に良いからとか、効果を早く実感したいからということで、
青汁を過剰摂取するという方法は良くありません。

身体に栄養分を吸収できる量というのは決まっているため、
過剰に摂取したからといってより身体に吸収できるかというとそういうわけではありません。
過剰分はそのまま排出されてしまうので、ただ勿体ないだけになってしまいます。

それどころか、場合によっては下痢をするなどお腹の調子を悪くしてしまったり、
ひどい場合は腹痛や吐き気をもよおすこともありますから注意が必要です。

また、胃腸が弱い人が飲む場合は、胃に何も入っていない空腹時に青汁を摂取することで、
刺激になってしまうこともあります。
ですから、そういう方は何かを食べてから飲むようにするという工夫が必要になります。

青汁を飲んではいけない人もいます。
それは、腎臓が弱い人や、腎臓に何らかの病気を持っている人です。
青汁というのは、カリウムを豊富に含んでいるものが多いため、腎臓が弱い人が摂取することで
そのカリウムが原因となって高カリウム血症という病気を発症してしまう恐れがあるためです。
ですから、腎臓に疾患を抱えている方は、青汁を始める前にかかりつけ医に相談する必要があります。

また、アレルギー体質の人も、飲み始める前に注意をしなければなりません。

青汁には色々な野菜や成分が含まれているため、
その成分が原因となってアレルギー症状を引き起こす可能性があります。
特に食物アレルギーを持っている方は、事前に原料をよくチェックして、初めて飲むときは少量ずつから飲み始めます。
何の症状も現れないことを確認してから飲む量を増やしていくと良いでしょう。
Copyright(C) 生活習慣の改善 All Rights Reserved.