効果的な野菜の摂取方法

桑の葉の「糖質」カット効果とは

青汁に使用されている原料の中でも、
ダイエットや生活習慣病予防の効果が高いと言われているのが「桑の葉」です。

桑の葉は、蚕のエサとして古くから使用されてきた植物です。
お茶として飲む習慣や、薬草、漢方薬としても使用されてきており、
最も古い記述では鎌倉時代に薬草として使用されていると言われており、歴史の古いものです。

最近の研究でも、桑の葉というのは多くの健康効果があると言うことがわかり、今注目を集めています。

桑の葉に含まれている主な有効成分としては、
ビタミンC,ビタミンB1・B2、ビタミンA、亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウム、食物繊維などがあります。
中でもカルシウムは小松菜の1.5倍、鉄は小松菜の15倍、
カロテンはほうれん草の10倍も含まれていると言われております。
この栄養価の高さから青汁にはピッタリであると言われているのです。

その中でも最も注目されるべき有効成分は、「DNJ」という成分です。
これは、青汁に含まれている他の原料の中でも、桑の葉だけが持っている特別な成分です。
DNJは、ブドウ糖の類似化合物であり、糖質の吸収を阻害する働きを持っています。
そのため、食後の血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。

また、余分な糖質を体外に排出する作用も持っており、体脂肪を抑制するという効果も期待することができるのです。
そのため、血糖値が高い人や、中性脂肪が高い人、ダイエット効果を求める人に、
特にオススメな成分であると言えます。

前述したように、食物繊維も豊富であるために、その他の老廃物の排出もスムーズになり、
更に各種ビタミン・ミネラルの効果で美肌になることも期待できます。

また、女性に必要な成分である葉酸やカルシウム、マグネシウムもたっぷりと含まれているため、
妊婦さんなどにもオススメです。

桑の葉は、他の青汁の原料であるケールなどと比べると、飲みやすいと言われています。
こちらにケールの青汁や大麦若葉の青汁などの特徴がかいてありますので参考にしてくさい。
昔から愛用されてきただけあり、風味も良く、好んで飲む人もいるくらいなので、
青汁の独特の味わいが苦手だという人も、比較的飲みやすいのではないかと思います。
ぜひ一度、桑の葉青汁の効果を実感してみてください。
Copyright(C) 生活習慣の改善 All Rights Reserved.